忍者ブログ
当ブログはリンクフリーです。
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

翼求めて叫んだ昨日に別れ告げたら

怖がらないでperson who chase the next century
どうも、青空です。
さて、大学の学生寮は公共スペースにネット回線(有線)
があるらしいんですけど、回線数も限られてるでしょうし
更新はまばらになるんじゃないかと思いますが
ま、気長に続けて行きたいと思うんでこれからもよろしくお願いします(笑)
とまあこんな感じで三日後には新生活へ向けて旅立ちます。
部屋の整理や荷造りもほとんど終わって
大学の課題も要約を一つ残すばかりです。
調べ学習のほうは1000字というのが想像していた以上に短くて
あっという間に終わりました(笑)
幸い学生寮はギターOKということで、今から楽しみです。
部活に行くのもおそらく明日で最後でしょうし、残り少ない地元での生活を満喫・・・
しようにも、友人はもうほとんど出発してしまっているんですが(笑)
ちなみにDash! to truthは大番長の曲ですね
ギターがかっこいいのでぜひ聞いてみてください(笑)
でわw





眠り忘れて 閉じた瞳の中
哀しい顔の君が微笑んで
約束はまだ 思い出に変わらず
心震え続けてる…

砕け散った地球儀の破片を集め
繋げても世界は変わらない
四半世紀で築いた値打ちはもう
意味がないと気づき始めた

無機質が生む冷え切った街の灯は
ヒトの心たやすく満たす
君が口ずさむ 優しい歌を聴いて
僕は熱を取り戻す

そうさ
運命を刻むリズムが
脅える背中叩けば
空を駆けぬけるよ Early beat

Keep it real!
悲しみ抱いた数だけ 胸の奥に閉じ込めた
白い牙貫く lie of the world

翼求めた叫んだ昨日に別れ告げたら
走り出すのさ Person who chase truth



鈍色の地に唾吐く子供の群れ
「ムカツク」と何それ流行語?
怯えた顔の大人は目を逸らして
ヒーローを探し続けてる

奇跡を真似た無機質な秩序が
ヒトの心平等に量る
君が口ずさむ 哀しい歌を聴いて
僕は怒り取り戻す

そうさ
裏切り刻むリズムが
思い出拭いさるから
今は前だけ見て Early beat

Keep it real!
憎しみ抱いた数だけ 胸の奥に押し込めた
白い牙断ち切る Lie of the world

偽りの羽かざして ゴールを目指す奴らに
追いつかせるな Person who chase truth


君と交わした約束を果たすよ
傷だらけの旅路の果てに!
重ね合わせた温もりを確かめ
孤独の夜を終わらせる!

そうさ
運命を刻むリズムが
脅える背中叩けば
空を駆けぬけるよ Early beat

Keep it real!
悲しみ抱いた数だけ 胸の奥に閉じ込めた
白い牙貫く Lie of the world

翼求めて叫んだ 昨日に別れ告げたら
怖がらないで Person who chase The next century

今は溶け合う鼓動 感じてるEye's
まだ加速する Just feeling
時代を超えろ Person who chase truth
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
かずちゃん
性別:
男性
職業:
大学生2年目
趣味:
ギター、恋愛ADV、料理
自己紹介:
大学生活も折り返しです。
ここからは教育実習、卒論、免許も取らなきゃいけないし・・・忙しくなりそうだな、と言った感じで運営して行きます。
言葉は世界に、言葉は心に、そして心は世界を変える。変わる世界に手向けの詩を。そんなブログ。

最新コメント
[02/01 かずちゃん]
[01/27 hoihoi]
[01/25 かずちゃん]
[01/24 hoihoi]
[01/20 青空]
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/16)
(09/17)
(09/18)
(09/20)
(09/21)

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne